<滞在記>家族で過ごす盛りだくさんのグランピング体験!vol.2

2022.05.05

前回のこちらの記事の続きです。

17:30 dinner


ディナーは森の中のダイニングへ。
木々に囲まれ、イルミネーションが灯る、何とも幻想的なムードに期待が高まります。
千葉県産にこだわる「千産千消千巡」をテーマにしたメニューは、どれも下ごしらえやソースの手が込んでいて、簡単にグリル調理するだけなのにプロの味。これは、いわゆるBBQの想像の範囲を超えています。なんといっても新鮮なお野菜の美味しさといったら。サラダや付け合わせで、色々な種類の季節のお野菜をいただけるのがうれしかったです。
子どものメニューは手作りピザ! ピザ生地にソースを塗って、用意された具材をのせるだけなので小さなお子さんも楽しめます。

そしてお待ちかねのスモアタイム!炙ってトロットロになったマシュマロは、BBQでしか食べられない特別なご馳走。オーベルジュ並みのお食事の最後にマシュマロも楽しめちゃう、このバランス感覚が何とも最高です。美味しいビオワインをいただいて気持ち良くなった頃には、夜も更けて外は真っ暗。もう気分は完全にリゾートモードです。

 

19:20 shower

お腹いっぱいで大満足なガールズは、お部屋に用意されたバスタオルを持ってサニタリールームへ。サニタリールームは、新しくとても清潔。清掃もこまめにされているようでした。常備されているシャンプー、コンディショナー、ボディシャンプーは、全てeco store。子ども達にも安心して使えるのがうれしいです。
パナソニックのドライヤーで、ガールズの髪をリレー方式で乾かしシャワータイム終了。3人分の髪を乾かさなければならないので、風量強めのドライヤーがあると本当に助かります。日々戦場と化すドタバタお風呂タイムも、快適設備でなんとか乗り切ることができました。

20:30 game time

 

よく晴れた夜空の下、まんまるのお月様や春の星座を眺めながらのんびり歩いてテントに戻ったガールズ。テントでは、お泊まり恒例ゲーム大会がスタート!大人も子どももUNOやトランプで大盛り上がりでした。そして、1人ずつ「眠いからもう寝る」と離脱し、ガールズは無事に全員ふかふかベッドで夢の中へ…。さてさて、ここからはお楽しみの大人タイム。冷蔵庫からキンキンに冷えた白ワインを取り出そう。

 

21:00 campfire

 

子ども達が寝た後は、満を持して大人だけのチルタイム。テントの外では、焚火を囲んでコーヒーや焼きりんごを楽しむカップルや女子達がまったりと過ごしていました。私たちも、ワインボトルを片手に早速焚火にジョインすることに。まだちょっと肌寒い空気の中、焚火で暖をとりながらいただくワインは格別に美味しい!

そして揺らめく炎を見ていると、心の深いところがどんどんほぐれていくのを感じます。焚き火を眺めながらの大人のガールズトークはノンストップ。もう1本開けようかな、というところで焚き火の薪が尽きて、ママ達もおとなしく寝ることに。

 

23:00 bed time

日頃抱えている重たいものから完全に解き放たれ、気分はすっかりリラックス。暖房のきいたあたたかいテントの中、大人達も安心して深い深い眠りの中へ。

 

 

さて次回は翌朝のビーチへ!vol3へ続きます。